スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺師VSペテン師 ハメたのは?

ジャーナリスト須田慎一郎氏論評より抜粋

いくらなんでもこれだけヒドイ茶番劇は、これまで見たことがない、
というのが大方の感想だろう。大方のマスコミ論調や識者のコメントも、
ほぼそうした見方に収斂していると言っていい。
しかし私は、そうは見ていない。

結論から先に言えば、ハメられたのは、鳩山前首相ではなく菅首相の方ではなかったか、
ということになる。
内閣不信任案が提出された6月2日の時点で、菅首相としては辞任する気など
サラサラ無かったはずだ。そして内閣不信任案が可決したならば、解散・総選挙に
打って出るつもりだったはずだ。
この国難の時にあって普通だったら、普通の感覚の持ち主であったならば、
とてもではないが解散・総選挙なんてできるはずもない。
しかし菅首相は、そうした“普通の感覚”を持ち合わせた人物ではない。
なかなか言葉で表現することは難しいが、20年近く菅首相を見続けてきた私は、
皮膚感覚でそう感じるのだ。
内閣不信任案が提出されてしまったならば、可決されるか否決されるかフタを開けて
みるまでわからない。そしてもし万が一、可決されてしまったならば、
一気に民主党のボロ敗けは必至の総選挙になだれ込んでいく、
こうした展開を恐れた連中は、菅首相のまわりにも大勢いたはずだ。
そこで菅首相をハメるための田舎芝居が打たれたのだ。
菅首相に渡された台本では、ハメられ役は鳩山前首相となっていた。
しかし本当の台本では、本当のハメられ役は菅首相の役どころ。
芝居はうまく進み、解散・総選挙は回避され、菅首相も辞職を匂わすかのような発言をした。
いったん“辞職”を口にしたトップは、急速に求心力を失い、死に体になる。
これは政界、経済界を問わず世のならいだ。
ハメたと思ったら、ハメられた。
今、一番くやしい思いをしているのは、菅首相ではないか。


裏社会にも精通している須田氏ならではの読みですね。
確かにそういった見方も出来ますよね。
バカ管は辞めるつもりなどサラサラ無かったのは見ていてわかります。
では一体誰が絵を描いたのか?が気になるところです。須田氏は知っているのでしょうか?

しかし一旦権力の座に就くとしがみついて話さないのが左巻きの特徴なのか?
管が特にそうなのか?どちらにしろ民主のような売国政党が政権を持っている限り
日本は破滅へと向かうのは間違いないでしょう。
一日も早く阻止せねばダメだと強く思う。

キチガイ民主のバカ管はこの1年一体何をしたのか?
■菅直人首相 就任1年の出来事
昨年6月  「脱小沢」内閣を発足。支持率60%台
同月末 消費税10%を突然ブチ上げて、世論急変
7月  参院選で大惨敗
9月  民主党代表選で、小沢一郎元代表に勝利《血みどろ選挙戦で党内亀裂》
同月  尖閣諸島沖漁船衝突事件で中国に弱腰外交
11月  ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土訪問
同月  尖閣諸島沖漁船衝突事件のビデオ流出
同月  横浜APECで中国の胡錦濤国家主席とメモ片手に会談
12月  茨城県議選で24人擁立して当選わずか6人
今年1月  内閣改造で、仇敵・与謝野馨氏を閣僚に
2月  党首討論で1分間にまばたき100回以上。精神科医は「パニック症候群」と診断
同月  内閣支持率20%割れ
3月  外国人献金問題発覚
同月  東日本大震災・福島第1原発事故対応で大迷走
4月  統一地方選で大惨敗
6月  野党が内閣不信任案提出。不信任案否決をめぐり「ペテン師」と非難される

どこをどう見てもクソだな


スポンサーサイト
プロフィール

k.kazu

Author:k.kazu
大阪生れ大阪育ちの一般人です。売国詐欺政党中国の飼い犬民主党大嫌い!社民、共産、公明、それに日教組不要です。苦情を言う為に嫌いな人もフォローしています。国賊小沢、鳩山、管、仙石、枝野、野田、原口等とにかく民主及び上記の政党、団体は潰すべき!ツイッター http://twilog.org/ksakino1

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。